赤ちゃん用のベビー毛布の購入ならしっかり使えるものを選ぶ

ベビー

赤ちゃんの時期に必ず必要

家族

一日の大半を睡眠に使う

一般的な赤ちゃんは一日のうち16時間以上寝ているとされてます。赤ちゃんはいつでも寝ているので本来寝るべき時間帯が分からないのです。そのため夜中に目が覚めて夜泣きをしてしまう赤ちゃんも多いです。夜泣きは一回だけでなく何回も起こることが特徴的です。

赤ちゃん用の布団を揃えよう

ベビー布団は赤ちゃんの時期にだけ使用しますが、使用する時期は家庭によっても異なります。平均で5ヶ月から6ヶ月でベビー布団を卒業して大人と同じような布団を使うという人も多いです。寝返りをうつ頃はベビー布団を卒業するときだと認識しておきましょう。

季節に応じて揃える用品を変えよう

赤ちゃんは気温の変化で体調を崩してしまいやすいので、季節に応じてベビー布団を工夫しましょう。暖かい時期はなるべく薄い毛布を用意するようにして、秋や冬などの涼しいときは暖かい時期に比べて厚手の毛布を用意するようにしてください。

赤ちゃんのためを考えた選び方ランキング

no.1

我が子に合うサイズを選ぶ

赤ちゃんの成長速度によっては普通のベビー布団では合わない可能性があります。そのため赤ちゃんのサイズに適したベビー布団を購入するようにしましょう。赤ちゃんのサイズが小さいときはミニサイズの布団もあるのでそれを購入してください。

no.2

アレルギーがないかどうかを調べる

生まれたばかりの赤ちゃんは、もしかしたらアレルギーを持っている可能性があります。それを知らないまま毛布をかけてしまうと蕁麻疹などの症状が発生してしまうことがあるので注意しましょう。商品購入をする前に使用される素材を把握しておくと良いです。

no.3

季節に応じて使い分けられる二枚組

ベビー布団セットなら二枚組になっているものが多いので、それなら夏場や冬で使い分けることができます。赤ちゃんは季節の変化で体温も変動しやすいので、ベビー布団を購入する際は気温に差があってもすぐに対応できるようにしておきましょう。

no.4

素材は天然素材にする

保温性を保つとともに軽いからふんわりとした感触を味わえるのが天然素材の特徴です。また触り心地が良いことから赤ちゃんも安心して眠ることができるでしょう。アレルギーフリーのものも多いので低刺激で赤ちゃんにも安全です。

no.5

汚れのことを考えて丸洗いできるもの

ベビー布団のデザインを意識しすぎて機能性を重視した布団を購入しない人もいます。丸洗いができず干すだけしかできないベビー布団なら満足に汚れを落とすことができないでしょう。機能性重視したものなら毎日快適に使用できます。

広告募集中